■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2014/03/02(日) お肉です、、、





    りりあと秋穂が泊まるお部屋に、4人分の料理が運ばれて来ました、、、




    じゃん!




    待ってましたぁ~!





    健作 「わぉう~~!お肉ぅ~~!!」





    じゃん!





    お肉ぅ~!





    秋穂 「じゃんじゃん。お酒、持って来て下さい!!」


    りりあ 「ほどほどにね!」


    秋穂 「わかってるって!ほれ、ヒマワリも呑め呑め!!」




    おひとつ、どうぞ!




    タワ 「うむ、、、」



    元気のないタワ、、、



    健作 「ほら!タワさん。しゃぶしゃぶだよ!!」




    では、、、





    秋穂 「ほれ、ほれ!食え食え!呑め呑め!ぎゃはははは~!!」



    上機嫌の秋穂、、、



    健作 「こっちの料理も美味しよ!」


    タワ 「ふむ、、、」




    お刺身。




    エビさん。



    お天ぷら。





    そんなこんで、、、




    りりあ 「ぎゃははっは~~!いいぞぅ~!秋穂ぅ~!!」



    秋穂 「ヒマワリも、踊れぇ~!あそれ、あそれ!それそれそれそれ~!!」





    腹踊りする秋穂、、、





    健作 「やれやれ、、、若いおなごが、はしたない、、、もぐもぐ、、、」




    呆れる健作、、、




    タワ 「はぁ~!」




    ため息をつく、訳ありなタワ、、、





    宴は盛り上がり(秋穂&りりあ)、、、




    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    ■2014/03/09(日) がさごそ、、、と、、、




    皆が寝静まった頃、、、




    ガサゴソ、ガサゴソ、、、

    ガサゴソ、、、ゴソ、、、



    と、、、





    ガサゴソ、、、






    そう~と、部屋を出て行くタワ、、、



    それに、気が付く健作、、、



    健作 「あれれ?!こんな時間にどこに行くの??」




    あとを付けてみることに、、、




    闇夜に、、、



    健作 「暗くて、よく見えないや!」




    しばらく、あとを付けてみると、、、






    じゃん!!





    夜道を、、、






    桟橋を歩いて行くと、、、





    健作 「わわわぁ~~~!!!」





    じゃじゃん!!





    千体地蔵さま。





    よぅ~く、見ると、、、



    健作 「あれ?お地蔵さん??あっ!いけない!気付かれちゃう!!」



    慌てて、口を押さえる健作、、、



    タワは、気付いてない様子です、、、




    健作 「よぅ~し。気づいてないや!ところで、どこに行くのかなぁ~??」




    またまた、あとを付ける健作、、、




    すると、、、




    健作 「あれ?止まった!!」




    そこは、、、





    ここは、もしや、、、





    健作 「えっ?!ここは、もしや、、、」




    何やら、ぶつぶつ喋っているタワ、、、



    よぅ~く聞いてみると、、、



    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    ■2014/03/16(日) たわの、らぶそでぃ~の巻!!




    タワ 「お~い!!妲己(だっき)や~い!ワシだ!タワじゃ~!!」



    健作 「えっ?だっき??だれ???」




    すると、、、



    石(殺生石)から煙が、、、




    殺生石。





    もやもやもや、、、

    もやもやもや、、、




    健作 「あれれ??けむりが、形になっていく?!」(びっくり)




    もやもやもや、、、

    もやもやもや、、、






    煙が、、、






    石の中から現れた方は??



    もしや、、、



    あの、、、



    九尾の狐??





    すると、、、



    妲己 「誰だい!そんな古臭い名で私を呼ぶのは?!」


    タワ 「お~い!ワシだぁ~!!タワじゃ~!!」



    手を振り、合図を送るタワ、、、



    妲己 「どこ??」



    辺りをキョロキョロする妲己、、、



    タワ 「ここだ!ここ!目の前におるワシだ!!」


    妲己 「あぁ~!お前か!花(向日葵)だと思ったわ!」




    失礼な妲己、、、




    タワ 「妲己は、相変わらずじゃのぅ~!元気してたか?」


    妲己 「まぁ~な!」


    タワ 「お主が、日本にいると聞いて、ついつい会いに来てしまったよ!」


    妲己 「ふぅ~ん。そうか!」


    タワ 「うっ、うん!(咳払い)お主に、、、伝えたい事が、、、」


    妲己 「うん??」


    タワ 「初めて、会った時から好きでした。僕とお付き合いして下さい!」




    頭を下げ、手を差し出すタワ、、、



    妲己 「すまん。わしは植物には興味はない。」(きっぱり)



    影で聞いていた健作、、、



    健作 「ちょっと!待ったぁ~!!」



    おどろく、タワと妲己、、、



    健作 「お姉さん!それはヒドイよ!せっかくアリゾノから、
       
       会いに来たんだよ!!」


    タワ 「おいおい。それを言うなら、アリゾノでなく、、、アリゾナ!!」


    健作 「そんな事より!どうしてダメなの??」


    タワ 「・・・」(どきどき)


    妲己 「・・・コイツを、覚えてない、、、」



    タワ&健作 「えっ??」



    妲己 「殷王朝末期(紀元前11世紀ごろ)の話をされてもなぁ~!」


    健作 「えっ??何年まえ???」


    タワ 「あの頃、ワシはバックパッカーをしておってのぅ~!」



    健作 「ばっくぱっかぁ~~??」




    ばっくぱっかー。




    バックパッカーとは、、、

    低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉で、

    バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、

    この名がつきました。日本語では「パッカー」と略すこともありますよ。




    タワ 「その頃、今の中国を旅していた時に出会ったんだ!」


    健作 「どんな風に??」


    タワ 「道を歩いていると、大名行列が来て。その時に、、、」





    当時の様子を再現すると、、、



    ゾロゾロ、、、

    ゾロゾロゾロ、、、




    妲己 「見て!王様。あんな所に、大きな向日葵が!」

    王様 「おう~!実に見事な!!」




    と、いうぐわいです、、、



    健作 「ふぅ~!タワさん、、、あきらめな!」


    タワ 「しかしだなぁ~~!!」


    妲己 「すまん。今は、付きおう~ておる殿方がおるのじゃ!」



    タワ 「がび~~ん!!」



    健作 「行こう!」(肩をたたき)


    タワ 「うむ、、、」


    妲己 「すまんかったのぅ~!また、千年後に会おうぞ!!」




    石の中へと消えていく妲己、、、




    寝床に戻る二人、、、




    ガサゴソ、、、





    そして、翌朝、、、




    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    ■2014/03/23(日) たわさん、しつれん、、、





    そして、翌朝、、、




    ちゅんちゅん!

    ちゅんちゅん!ちゅん!(雀の鳴き声)




    ガラガラガラ、、、



    りりあ&秋穂 「おはよ~~う!!!!」



    やたら、元気です、、、




    健作 「お姉ちゃんたち。おはよう~!」(目を擦りながら)


    タワ 「・・・」



    起きようとしないタワ、、、




    秋穂 「コラ!ひまわりぃ~!!起きろぅ~!!」



    布団をひんむく、秋穂、、、



    タワ 「やめ~い。ワシは起きん!!」


    りりあ 「健作くん。タワさん、どうしたの?」


    健作 「はい。昨日の夜、、、、かくかくしかじかで!」




    一部始終を聞いた二人は、、、




    りりあ&秋穂 「ぎゃはははぁ~~!!」



    健作 「笑いすぎだよぅ~!!」


    秋穂 「ぎゃははは~!もう~朝から笑わせないでよぅ~!!」


    りりあ 「秋穂は、笑いすぎ!ぷぷぷっ!」


    秋穂 「ほらぁ~!りりあ、だってぇ~!あはは!」



    タワ 「ふん。どうせ、わしなんて!ふんふん!」


    秋穂 「あぁ~!腹痛た!飯でも喰いに行こうぜ!」


    りりあ 「そうね!健作くん。行こう~!」


    健作 「でも、タワさんが、、、」


    秋穂 「こら!行くぞ!」


    タワ 「・・・」(しょんぼり)



    首の裾を引っ張り、タワを強引に連れて行く秋穂、、、



    秋穂 「飯でも喰えは、元気になるさぁ~!!」




    と、いうことで、、、



    朝食です、、、





    朝食です。





    では、4人揃って、、、




    一同 「いただきまぁ~す!!」



    むしゃむしゃむしゃ!



    秋穂 「りりあ!そこの醤油、取って!」


    りりあ 「は~い。醤油!!」




    むしゃむしゃむしゃ!

    むしゃむしゃむしゃ!



    タワ 「飯のおかわりじゃ!!」


    秋穂 「おう~!いいぞ!ヒマワリぃ~!!ガンガン喰え!!」



    むしゃむしゃむしゃ!

    むしゃむしゃむしゃ!



    たらふく食べた一行、、、



    一行 「ごちそうさまでしたぁ~!!」



    秋穂 「なぁ~!鹿の湯に行ってみようぜ!」


    りりあ 「そうね!近くだもんね!」


    健作 「賛成ぇ~~!!」


    タワ 「うむ。よかろう!」


    秋穂 「お前!相変わらず!偉そうだな!」


    タワ 「このたわけが!これでも、ワシは神じゃぞ!」


    秋穂 「まぁ~いいや!早く行こうぜ!!」


    りりあ&健作 「わぁ~~い!!」


    タワ 「やれやれ、、、」




    と、そんなこんなで、、、




    到着です、、、




    鹿の湯。



    栃木県那須郡那須町湯本181

    営業時間: 8時00分~18時00分




    秋穂 「行くぞぅ~!!」


    りりあ 「はいはい。じゃぁ~!健作くん。後でね!!」


    健作 「うん。じゃぁ~!タワさん。行こう!!」


    タワ 「うむ。うむ。」




    と、いうことで、、、




    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    ■2014/03/30(日) ぎんぎらぎんに、、、





    と、いうことで、、、





    お風呂場です。





    健作 「タワさん。知ってる?」


    タワ 「うん??」


    健作 「ここの一番熱いお湯に1分間、入ってられると、
       
       願い事がかなうんだってぇ~!」


    タワ 「おう~!では、入ってみるかぁ~!!」


    健作 「でも、パパ(むね)が、言う事だからなぁ~!」


    タワ 「まぁ~良い!試してみるわい!」


    健作 「無理しないでね!」


    タワ 「うむ。では、、、」



    健作 「1.2.3.4.5.、、、、」



    数を数える健作、、、



    耐えるタワ、、、



    健作 「23.24.24.25.、、、、」



    タワ 「・・・」(無言)



    健作 「あれ?タワさんが、沈んでいく!!」



    慌てて、タワを湯から引き上げる健作、、、




    健作 「タワさんがアントンナッツになっちゃた?!」







    あんとんなっつ。




    随分、前にアントニオ猪木さんが、スナック菓子「アントンナッツ

    (ひまわりナッツ)」を販売してましたよ。





    タオルでタワを仰ぎながら、、、



    健作 「大丈夫、、、」(心配)


    タワ 「き、きろくは??」


    健作 「きろく?あっ!25秒ぐらいかな!」


    タワ 「くくっ、、、無念、、、」




    と、残念なタワで御座いましたが、、、

    ちなみに、むねの記録は、、、

    17秒でした、、、





    お断り、、、


    *1分間、入ってられると、願い事がかなう*


    むねの戯言です、、、


    *良い子の皆様は、マネしないでね!






    そして、ここ鹿の湯は、、、


    男湯は6つの木製浴槽があって白濁した硫黄臭のするお湯が満ちており、

    温度も41℃~48℃の浴槽があります。


    女湯は41℃、42℃、44℃、46℃と温度わけされた4つの木造浴槽が並び、

    階段を降りると広々浴槽があり、内湯ながら開放的でのびのび浸かる事が

    出来ますよ。(りりあ)





    そんなこんで、、、


    一同は、レンタカーを返し、、、



    帰路へと、、、




    黒磯駅前。





    秋穂 「りりあ~!!腹減った~!駅弁、宜しくぅ~!!」


    りりあ 「うん。わかったぁ~!!」




    そして、東京へと、、、




    車内では、、、



    りりあ 「じゃぁ~!駅弁を配るねぇ~!!」


    秋穂 「わぉ~!待ってましたぁ~!!」


    健作 「わぁ~い!!」


    タワ 「どれどれ、、、」




    じゃん!!








    九尾寿司。





    秋穂 「おいおい、、、りりあ、、、」


    健作 「お姉ちゃん、、、」


    りりあ 「まずかったかなぁ~?!」




    一方、、、タワは、、、



    タワ 「うん。この稲荷。美味いぞ!あれ?どうした??」



    全然、こたえていない様子のタワ、、、



    健作 「ふふっ!さすがタワさん!!」


    タワ 「うん??」


    りりあ 「ふぅ~!平気そうね!」(胸を撫で下ろす)



    秋穂 「そんなお前、オレ、嫌いじゃないぜ!!」



    りりあ&健作 「えぇ~~!!」



    秋穂 「いや!ほれ!それ!なんと、いうか、その、、、」


    健作 「タワさん。やったね!!」



    タワ 「うん。何がぁ~??」




    秋穂の気持ちに全然気が付かない様子の無神経なタワ、、、




    健作 「さすが、タワさん。ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。だね!」




    一同 「???」




    と、そんなこんなで、、、



    今回のお話は、めでたし、めでたし、、、




    ???




    タワ 「なぁ~!この稲荷。美味いぜ!!」


    タワちゃんです。





    この物語はフィクションであり、登場する団体・人物・お店などの名称はすべて

    架空のものです。あしからず、、、
                      著のっぺらぼう むね





    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    ■2014/04/06(日) さらばじゃ!!




    おはようございまする。

    のっぺらぼう むねでござりんす。


    お立ちより頂き、誠に有り難き幸せで、ございまするよ。






    ***お知らせ***



    今回のお話で、最終話とさせて頂きます。


    長らく、お付き合い頂き、誠に有難う御座いまする。




    追憶、、、


    私の小説は全て、「テレビの2時間ドラマ仕立て!」で書いておりまする。

    ちなみに、登場人物はいつものメンバーでござりんす。


    お話が続いておりますので、是非、是非、前作も、

    ご覧下さいますよう、、、お願い致しまする。(ぺこり)




    *そして、全ての作品は「フィクション」でありますので、あしからず、、、




    リンクはフリーです。どんどんつないでやってくださいね。(りりあ&恵・にっこり)




    「ブログ小説 のっぺらぼう むね」

    http://yoidoretensi.blog.fc2.com/


    りりあ&恵からのお願いでした。(ぺこり)





    最後に一言、、、



    「チャイケラァ~!!」



    チャイケラ~!!


    07:07 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 | Page Top


    <<前のページ |


    05 2017/06 07
    -
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。