■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/11/18(日) お待たせしました!最新作でございます!!



             リリスの媚薬(びやく)





    春の森へ。





    狢の「むね一家」が待ちわびた春の森をお散歩中、、、




    りりあ 「あれ?恵さん!」


    恵 「あっ!りりあちゃん!!」


    りりあ 「どうも!ご無沙汰してまぁ~す!!」


    むね 「こんにちは!りりあちゃん!」


    りりあ 「あっ!どうも~むねさん!!」


    健作 「お姉ちゃん、こんにちは!」


    りりあ 「あっ!けんちゃん!こんにちは!」


    恵 「どこかに行くの?」


    りりあ 「はい。街に行こうと思って!」


    恵 「じゃぁ~気を付けて行ってらっしゃい!」


    りりあ 「は~い!では、皆様。ごきげんよ~ぅ!!」




    と、街へ繰り出す、りりあ、、、





    お~い!りりあ、て!だれだぁ~?!(読者一同)




    おっと!これは、失礼しました。




    そう、彼女が今回の主人公となる「化け狸のりりあちゃん」です。





    街に向かう途中、、、



    りりあ 「では、さっそく!」



    頭に葉っぱを乗せ、、、



    りりあ 「う~~~ん!ぽん!!」



    人間の女の子に変身です。





    そして、到着です、、、





    原宿 竹下通り入り口

    竹下通りです。





    りりあ 「相変わらず、凄い人混みね!」




    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/11/19(月) りりあちゃん!ピンチ!!



    竹下通りです。





    改札口の近くで待つ、りりあ、、、





    そこへ、、、




    男性 「ねぇ~ねぇ~!彼女ぅ~!一人?!」


    りりあ 「・・・」(しかと)


    男性 「ねぇ~!お茶しようよぅ~!!」




    ナンパされております、、、




    そこへ、、、




    秋穂 「りりあ~!!お待たせぇ~!!」


    りりあ 「おそ~~い!!」(ぷんぷん)


    秋穂 「ごめ~ん!ママがうるさくてさぁ~!!て!ダレ??」


    男性 「お茶しない?」


    秋穂 「あっ!ナンパ?!いい!じゃあね!」





    と、りりあの手を引き、歩き出す二人、、、




    男性 「あれ~~!待ってぇ~~!!」




    ちなみに、仲良しの秋穂ちゃんは「化け狐」です。




    秋穂 「ねぇ~!かわいい洋服が欲しいのぅ~!」


    りりあ 「うん。早く見に行こう!」




    と、竹下通りを進んで行くと、、、




    りりあ 「ねぇ~!見てぇ~!!」


    秋穂 「うん?」



    占い??





    秋穂 「占い?!」


    りりあ 「うん。みてもらぉうよぅ~!」


    秋穂 「えぇ~~!!当たらないよぅ~!!」


    りりあ 「大丈夫だよぅ~!ねぇ~!!」(だだをこねる)


    秋穂 「もう~!しょうがないなぁ~!」





    と、入ってみる事に、、、





    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(2) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/11/23(金) 占いの館へ!ようこそ!!




    秋穂 「げっ!混んでる!!」


    りりあ 「人気なんだね!」




    受付に行くと、、、




    受付係 「いらっしゃいませ!ご予約の方ですか?」


    りりあ 「いえ!」


    受付係 「では、只今、30分待ちとなりますが!よろしいですか?」


    りりあ 「はい。」


    秋穂 「えっ?待つの?」


    りりあ 「うん。待とうよぅ~!」


    秋穂 「ふ~ん。しかたない、、、」




    と、30分後、、、




    受付係 「では、次の方!どうぞ!」


    りりあ 「は~い!」




    小部屋に案内される二人、、、





    そこには、、、





    じゃん!






    ようこそ!!



    (あくまで、イメージで御座います。)





    二人 「おう~~!!」



    占い師 「お入りなさい!」


    りりあ 「はい。」




    二人、席に付き、、、




    占い師 「では、何を占って欲しいのかしら?」


    りりあ 「では、私の運勢を!」


    占い師 「と!その前に、、、」





    占い師が立ち上がり、受付へ、、、




    二人 「??」





    戻ってきた占い師が、、、





    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/11/26(月) りりあと秋穂の運命は、いかに、、、



    占い師 「君たちぃ~!このお金ではダメよ!」




    前金制です、、、



    二人 「??」


    占い師 「だから、りりあちゃん!葉っぱをお金に変えてもダメよ!」


    りりあ 「えっ!私の名前?、、、??」


    秋穂 「もしや、、、恵さん!!」


    りりあ 「えぇ~~!!」




    そうです。狢の恵はここで、占い師をしております。(人に化けてます)



    あれ??さっき!森で会ったような??





    そんなこんなで、、、




    恵 「いい、君たち!受付に書いてあったでしょう!」



    二人 「??」




    受付には、、、





    「葉っぱ等をお金に変えた物は受け取りません。

     あしかず、、、リリスの媚薬。」




    との、張り紙が、、、





    「リリスの媚薬」とは、、、




    恵の「占いの館」の店名です。




    そして、リリスとは、、、




    リリス。





    リリス(Lilith)は、本来はメソポタミアにおける女の夜の妖怪で、

    「夜の魔女」とも言われており、男児を害すると信じられていました。



    聖書の『イザヤ書』に登場するリリス(לִּילִית, 標準ヘブライ語ではリリト Lilit)は、

    夜の妖怪か動物の一種だと考えられていました。



    ユダヤ教の宗教文書タルムード及びミドラッシュにおいてのリリスは、

    「夜の妖怪」として、描かれています。



    本来、リリスはカナン人の安産の女神であり、目やフクロウをシンボルとする

    大地母神として、奉られておりました。



    アダムの最初の妻とされていますが、この伝説は中世に誕生したそうですよ。




    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/12/03(月) はてさて、、、いかなる展開へと?!



    りりあ 「えぇ~~!!だってぇ~~!!」


    恵 「だってじゃありません!」


    りりあ 「でもぅ~~~!!」


    恵 「ちゃんとした、人間界で使うお金を持って来たら占ってあげます!」


    りりあ 「無理ぃ~~~!!」


    恵 「無理じゃなくて、働きなさい!」


    りりあ 「えぇ~~~!!やだぁ~~~!!」


    恵 「じゃぁ~!占いは無しね!」



    りりあ 「えぇ~~~~!!」(ぶーぶー)



    秋穂 「恵さん!働き口なんて私たちには、無いですよぅ~!」


    恵 「じゃぁ~!私のアシスタントしてみる?」


    りりあ 「占いの??」


    恵 「そう!どう?」


    りりあ 「う~~~ん!!」(悩む)


    秋穂 「やってみれば!」


    りりあ 「えぇ~~!めんどくさそうだよ!」


    秋穂 「でも、占ってもらいたいんでしょう!」


    りりあ 「うん、、、」


    恵 「じゃぁ~!決まりね!!」


    りりあ 「よろしく、おねがいします、、、」


    恵 「では、着替えて来て!」


    りりあ 「えっ!今から??」


    恵 「ほら!早く!!」


    りりあ 「えぇ~~!!」





    と、いう事で、、、





    じゃん!




    「涼宮ハルヒの憂鬱」より、、、長門ちゃんです。

    長門ちゃん。




    秋穂 「ぎゃはははぁ~~!!」


    りりあ 「えぇ~~そんなにぃ~~!!」


    秋穂 「いやいや!うん。似合うよ!ぎゃははは~~!」


    りりあ 「ひどいよぅ~秋穂ぅ~~!!」


    秋穂 「うぷっ!ごめん、、だってぇ~!!うぷっ!」


    恵 「あれ?秋穂ちゃんはどうするの?」


    秋穂 「いえ!私はいいです。じゃぁ~がんばんな!」



    りりあ 「えぇ~~!!待ってよぅ~~!!」




    と、秋穂はお店を出て行きました、、、




    残されたりりあ、、、




    りりあ 「もう~!薄情なんだから!」(ぷんぷん)




    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/12/09(日) いよいよ、りりあがアシスタントを、、、、





    恵 「りりあちゃん!早く、手伝ってぇ~!!」


    りりあ 「は~い!!」




    と、いう事で、、、




    りりあ 「お待たせした!次の方どうぞ!」


    お客さま 「はい。」





    小部屋に案内するりりあ、、、




    恵 「どうぞ!お座り下さい。」


    お客さま 「はい。」




    脇で見学するアシスタントのりりあ、、、




    恵 「では。どういった事を占いますか?」


    お客さま 「はい、、、彼との事で、、、」


    恵 「はい。」


    お客さま 「今、付き合ってる彼がいるんですが。あまり上手くいって
         
         なくて、、、どうしたら良いのか、わからないんです。」


    恵 「そうですか。では、あなたのお名前と生年月日を教えて下さい。
      
      それと、彼のも!」


    お客さま 「はい。立花美登里。1988年4月22日生まれです。彼が、、、」


    恵 「彼のは、生年月日だけでいいわ!」


    美登里さん 「はい。彼は1984年12月13日です。」


    恵 「わかりました。では、まず。彼との相性から占ってみましょう!」




    タロットカードを切る(混ぜる?!)恵、、、



    恵 「どうぞ!美登里さんも切ってみて!」


    美登里さん 「えっ?私も??」


    恵 「そう。彼の事を思いながらね!」


    美登里さん 「はい、、、では、、、」



    カードを切る、美登里、、、



    美登里さん 「これで、いいですか?」


    恵 「はい。結構ですよ!」



    カードをもらい、、、


    そのままの状態で、、、




    恵 「では、いきますね!」


    美登里さん 「はい、、、」(ごくり!)




    カードを上から順に、、、



    恵 「では、7枚引きます。」




    ぱし!ぱし!ぱしっ!!



    恵 「出ました!」


    美登里さん 「どうですか?」(どきどき!)



    カードを見て、、、



    恵 「う~~~ん、、、、う~~~~ん!!」


    美登里さん 「えっ??」


    恵 「まずは、一枚目のカードね!」


    美登里さん 「はい、、、」


    恵 「これは、デビルのカードね!」



    美登里さん 「えぇ~~~!!」




    たろっとかーど あくま




    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    ■2012/12/17(月) いきなり、デビルカード?!




    ちなみに、恵の占いはマルセイユ版タロットと使っております、、、




    マルセイユ版タロット(仏:Tarot de Marseille)とは、、、


    16世紀から18世紀頃のヨーロッパで、大量生産されていたカードの絵柄の総称。

    または、その絵柄を踏襲したタロットカードの名称。




    マルセイユ版。



    歴史上で、初めて「マルセイユ版タロット」の絵柄が確認されたのは、

    マルセイユでは無く、17世紀後半(1650年頃とされている)のパリにて

    ジャン・ノブレによって作成されたタロットカードだと、言われています。



    このデザインが、後にタロットカードのデザインとして一般的なものとなり、

    これを元とした様々なバリエーションのカードがフランス各地で生産される

    こととなりました。



    やがて、それらのカードは17世紀以降、タロットカードの一大生産地に

    なっていた「マルセイユ」にちなみ、「マルセイユ・タロット」と

    呼ばれるようになりました。





    現代では、一般的にタロットカードというと、「ウェイト版タロット」を

    お使いだと思いますよ。




    ウェイト版タロット(Rider Waite Tarot)とは、、、


    近代西洋儀式魔術の魔術師、アーサー・エドワード・ウェイトが、

    黄金の夜明け団の解釈に基づいてデザインし、

    パメラ・コールマン・スミスに描かせたタロットの通称。


    当初、ロンドンのライダー社から発売された事から、ライダー版とも呼ばれる。




    ウェイト版。



    アール・ヌーヴォー調の親しみやすい絵柄で大ブームとなりました。

    以後、イギリスでタロットと言えば、ほとんどがこれを指すように

    なったそうです。





    美登里 「あくま、、、??」


    恵 「あっ!一枚目は、あなたの性格をあらわしているのよ!」


    美登里 「えっ?!性格??」


    恵 「そう!」


    美登里 「で!悪魔?!」


    恵 「そうね~!でも、よく見てみて!カードが逆さまになってるでしょう!」


    美登里 「あっ!はい。」


    恵 「向きで意味あいも変わってくるのよ!」


    美登里 「で!私の性格とは、、、?!」


    恵 「そうね~!なかなか一枚目にこのカードを出す人は少ないけど、、、
      
      でも、あなたは自分で気が付いているんじゃない?」



    美登里 「と!いいますと、、、??」


    恵 「ふふっ!二面性とか、両極端な所とか、あるんじゃない?」


    美登里 「たしかに、、、」(ふむふむ)


    恵 「あと、熱しやすくて冷めやすい、かな!」


    美登里 「合ってる!その通りです!」


    恵 「では、次のカードは、、、」




    06:33 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | リリスの媚薬(びやく) 前編 | Page Top


    | 次のページ>>


    10 2017/11 12
    -
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。