■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/04/22(日) はてさて、今回はいかなる騒動を巻き起こすのやら、、、



            富士の裾野の尼天狗(あまてんぐ) 





    朝の八雲出版では、、、



    編集長 「え~ぇ、今日からウチで働いて貰う、立花美登里(みどり)君だ。
        
        色々と分からない事があるだろうから、宜しく頼むなぁ~!」



    一同 「は~い!」




    編集長 「お~い!長谷川~!!」


    恵 「は~い!」



    編集長の所に行くと、、、



    編集長 「今度の取材に立花君も同行させてくれ!」


    恵 「えっ?!」


    編集長 「今度の取材先は立花君の故郷だし、何かと役に立つだろう。」


    恵 「そうですか、、、わかりました。」


    美登里 「あの、、、よろしくおねがいします!」(ぺこり)


    恵 「うん。一緒に頑張りましょう。」


    美登里 「はい。」




    そんな、こんなで取材の当日、、、



    恵 「遅いわねぇ~!あのヤロ~!!」(ぷんぷん)



    しばらくすると、、、



    高杉 「すいませ~ん!」


    恵 「遅い!遅いよ!まったくぅ~!」


    高杉 「でへへっ!寝坊しちゃいました。」


    恵 「では、みんな揃ったところで、しゅっぱ~つ!!」


    高杉 「あいあいさぁ~!!」


    美登里 「はぁ~い!」


    山田 「あいあいさぁ~??」



    そう、今回の取材は私と高杉君、それに新人の立花さん。


    そして、もう一人。運転手の山田さんです。



    えっ?なぜ、運転手がいるのかって?

    そうなのよぅ~あのタヌキおやじ、、、もとい、

    編集長が交通費を削減の為に自社の車で行け!ってぇ~!

    で、山田さんが運転手として同行する事になったのです。



    車中では、、、



    高杉 「では、山田さん!これをかけて下さい!」


    山田 「あぁ~いいよ!」



    曲がはじまり、、、



    「にんにきにきにき、にんにきにきにき、にしぃ~が、さんぞう~

    にんにきにきにき、にんにきにきにき、にしぃ~が、ごくぅ~!」



    山田 「おう~!健作!!よく知ってるなぁ~!!」


    高杉 「でへへっ!旅と言えば、これですよね!」


    恵 「コラコラ!旅じゃないでしょ!取材よ!取材!!」


    美登里 「いつも、こんな感じなんですか?」


    恵 「あはは、、、」(苦笑)



    そう、今回の取材の運転をして頂く、、、


    山田保(たもつ)さん。39歳。既婚者。

    近場の取材では、いつも運転して貰ってます。

    気さくな人で、「たもっちゃん」と、みんなに呼ばれています。




    ちなみに、車中でかかっている曲は、

    ドリフターズの「ゴー・ゴー・ウエスト」です。




    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(4) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/23(月) 富士山、、、それは、魅惑の響き??



    高杉 「そうそう、今から行く取材地はみどりちゃんの生まれた所なんだよね?」


    美登里 「はい。甲州ワインがオススメですよ!」


    高杉 「ほうぉ~!朝から酒とは、みどりちゃん、イケルくち??」


    美登里 「はい。多少、、」(ぽっ!)


    高杉 「うおぅ~!こりゃまた、今回も楽しくなりそうですね、恵さん!」


    恵 「あははは、、、」(苦笑)




    今回、私達は中央自動車道を使い、河口湖ICで降り、さらに富士スバルラインで

    富士山の五合目まで行きましたよ。



    河口湖IC


    富士スバルライン

    富士スバルライン




    富士山五合目

    五合目に到着です。





    高杉 「うぉ~!着きましたね。」


    恵 「うん、うん。」


    美登里 「山田さん。お疲れさまでした。」


    山田 「いやいや。でも、今回は晴れて良かったよ。」


    美登里 「本当ですねぇ~!」


    高杉 「あの~恵さん、、、もしや、、、」


    恵 「えっ?あ~ぁ、今回は、、、」



    高杉 「・・・」(どきどき)




    恵 「登りません!」




    高杉 「やったぁ~!」




    山田&美登里 「???」(顔を見合わせる)





    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/24(火) 富士山は日本一でござる。の巻??



    富士山の五合目




    美登里 「私、まだ、頂上まで行った事がないので登って見たかったです。」


    恵 「そうなの?!」


    美登里 「はい。いつも、五合目止まりです。」


    恵 「いいわよ~!上からの眺めはぁ~!」


    山田 「じゃぁ、健作!登ってみるか?」


    高杉 「えっ??そんな流れ??」


    恵 「あははっ!また、今度ね!」


    高杉 「ふぅ~!脅かさないで下さいよぅ~」


    他、三人 「あはははっ!」



    高杉 「あれ?鳥居が!」


    恵 「あっ、そうそう。今回の旅行、、、もとい。
      
      取材の無事と成功を祈願しに、いざ、参りましょう!」



    他、三人 「あいあいさぁ~!」



    五合目の鳥居





    小御嶽(こみたけ)神社

    小御嶽(こみたけ)神社




    本殿

    小御嶽(こみたけ)神社 本殿





    小御嶽神社は937(承平7)年、山岳信仰の聖地である小御岳山の山頂(冨士山五合目)に

    鎮座、創建されました。


    小御岳は富士山が作られる前からあった山だそうです。小御岳と古富士が土台となって、

    何度も噴火を繰り返し、今の富士山の姿が出来たそうですよ。



    ご祭神は磐長姫命( いわながひめのみこと)で、木花咲耶姫命

    (このはなさくやひめのみこと)のお姉さんです。




    木花咲耶姫命
    木花咲耶姫命




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/25(水) 尼天狗とは、なんぞよ??



    高杉 「恵さん。天狗が、、、」


    恵 「あれ?知らないの?」


    高杉 「はい。僕、ここ(富士山)に来たの初めてですから。」


    恵 「そうなんだぁ~」


    高杉 「はい。で、この天狗の面の眉毛は?」


    恵 「いやぁ~眉毛は知らないけど、、、」



    てんぐさん





    富士山の五合目周辺は「天狗の庭」と呼ばれ、天狗が支配していたという

    言い伝えがあります。


    小御嶽太郎坊正真という天狗様で、道開きの神様として小御嶽神社に祀られています。


    冨士山五合目にある「天狗の庭」では、天狗が舞い降りて遊ぶという伝説があり、

    天狗岩と伝説の天狗を祭る赤い鳥居もあります。



    天狗岩

    天狗岩




    高杉 「へぇ~!そうなんですかぁ~!」


    恵 「わかったぁ~?」


    高杉 「はい。あれ?お隣は??」


    恵 「う~ん?」




    本殿の隣にある日本武尊(ヤマトタケル)社がありました。



    日本武尊社




    高杉 「そして、その隣に得体の知れぬものが、、、」


    恵 「えっ?どれ??」




    なにぃ~これ??





    高杉 「何ですか?これ??」






    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/26(木) これは何で、ござるか?、、、はて??




    恵 「うん。どれぇ~なになに、、、」




    日本武尊社の隣に勝男木くぐり(かつおぎ)がありました。


    ご社殿にある勝男木の1/2のものだそうですよ。



    この勝男木をくぐる事によりご利益を頂けるそうです。


    右が交通安全、縁結び。

    左が家内安全、健康長寿です。




    美登里 「あれれ?なんですか?これ??」


    恵 「うん。ここをくぐると、ご利益あるそうよ。」


    美登里 「そうなんですか?私、やって見た~い。」


    恵 「まずは、高杉君ね!」


    高杉 「えっ?俺からですか?」


    恵 「はい、つべこべ言わずにやる!」


    高杉 「はいはい。わかりましたよ!」



    左側をくぐりぬけ、、、



    恵 「やっぱり、みどりちゃんは右だよね!」


    美登里 「はい。もちろんです。」(にこっ!)


    山田 「じゃぁ~俺も!」


    恵 「えっ?山田さんも右??」


    山田 「えっ?いや、ほれ、交通安全の方ね!」


    恵 「あははっ、なんだぁ~!」


    高杉 「では、恵さんは?」




    皆が凝視、、、(じぃ、、、)



    恵 「分かったわよ!はいはい、右ですよ右!!」


    他、三人 「あはははっ!」




    4人とも無事くぐりぬけ、、、




    高杉 「おみくじ、やりましょうよ!」


    山田 「おう、いいね!」


    美登里 「は~い!」


    恵 「は~い!」(かわいく)


    高杉 「恵さん、気持ち悪いっす!」


    恵 「何よぅ~!」(ぷんぷん)



    みんな、引いてみると、、、



    恵 「どう?」


    美登里 「小吉ぃ~!」


    山田 「吉!」


    美登里 「恵さんは?」



    じゃん!




    大吉ぃ~!!




    山田 「うぉ~!!」


    恵 「で、残る高杉君は??」


    高杉 「・・・」


    他、三人 「???」


    高杉 「き、、ょう、、、」


    他、三人 「???」


    高杉 「はいはい、凶ですよ。凶!!」


    山田&美登里 「・・・」


    恵 「まぁ~あれよ!あれ!」


    高杉 「???」


    恵 「ニタッラサンペを見たからよ!」


    高杉 「とほほっ、、、」


    山田&美登里 「ニタッラサンペ??」(顔を見合わせる)




    *気になった方は「コロポックルの晩餐会」をお読み下さいね!





    わんこ天狗??





    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/27(金) 富士山の次とくれば、、、??



    無事、お参りをすませ。次に私たちが向かった先は、、、





    忍野八海


    忍野八海




    忍野八海(おしのはっかい)は山梨県忍野村にある湧泉群です。


    富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、湧水となって8か所の泉を作ります。


    国指定の天然記念物、名水百選に指定されていますよ。



    名水百選です。



    延暦19年-21年(800年-802年)の富士山延暦噴火により、宇津湖が山中湖と

    忍野湖に分かれました。


    後に忍野湖が乾き盆地になり、湧水口が池(泉)として残った姿が忍野八海に

    なったそうです。


    「八海」の名前の由来は、富士講の人々が富士登山の際に行った八海めぐりから

    きており、富士講では忍野八海のことを「元(小)八海」と呼んでいるそうですよ。




    恵 「みどりちゃん、見てごらん!」


    美登里 「すご~い!透き通ってますね!」


    恵 「本とね!コバルトブルーに澄みきってるわぁ~!」


    美登里 「それに、お魚が大きいぃ~!」」




    ぎょがいっぱいです。




    山田 「なぁ~!そばでも、喰いに行くべよ!」


    恵 「そうね!お腹も空いてきたしね!」


    高杉 「賛成~!!」


    美登里 「は~い!」





    そして、私たちは敷地内にある、、、




    「池本茶屋」

    池本茶屋




    じゃん!




    そばです。




    一同 「いただきまぁ~す!」




    わいわい、がやがや、、、




    一同 「ごちそうさまぁ~!」





    おそばを食べ終えた私達は敷地内を散歩することに、、、





    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    ■2012/04/28(土) 旅は道ずれ、世は情け??



    おそばを食べた私達は敷地内を散歩することに、、、



    お散歩です。




    美登里 「なごみますねぇ~!」


    恵 「うん、うん。」


    美登里 「いいですよねぇ~!」


    恵 「うん。うん」


    美登里 「なんか、こう~」



    恵 「うん?」



    美登里 「日本に生まれて良かった。って!感じです。」


    恵 「うん、うん。」



    山田 「お~い!そろそろ、次の所に行くぞ~!」


    美登里 「は~い!」


    高杉 「二人とも早くぅ~!」



    恵&美登里 「はい、は~い!」






    車に乗り込み、次に向かった先は、、、





    河口湖


    河口湖です。





    の、畔(ほとり)にある、、、





    天上山公園 カチカチ山ロープウェイ


    カチカチ山 ロープウェイ





    美登里 「早く早くぅ~!」


    恵 「ほらぁ~!たもっちゃんも!」


    山田 「えっ?俺もぅ~?!」


    高杉 「そうです。今回の旅は、全員参加です。」


    恵 「こらこら!旅じゃなくて取材でしょ!」


    高杉 「えへへっ!」


    美登里 「もぅ~!早く早くぅ~!」


    他、三人 「は~い!」



    ロープウェイ



    おいおい!何をするぅ~


    ぎゃあ~!!





    そう、ここ天上山は、あの「カチカチ山」の舞台になった所です。


    最後に狸が泥舟で沈められたのが、河口湖だそうですよ。






    ロープウェイで山頂の近くまで来た私達は、





    そこから、、、






    高杉 「えっ?登るんですか??」


    恵 「でも、直ぐよ!」


    高杉 「本当にぃ~??」


    恵 「ふふっ!行くわよ!」


    高杉 「あい、、あい、、さぁ~!」


    山田&美登里 「???」(顔を見合わせる二人)




    *下の「次のページ」でどうぞ!!



    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | 富士の裾野の尼天狗 一章 | Page Top


    | 次のページ>>


    04 2017/05 06
    -
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。