■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/04/15(日) いよいよ、お待ちかねの、、、むふっ!です。



    そんなこんなで、もう一つのご褒美の日がやって来ました。




    そう~!あの!




    横浜中華街です!!



    横浜中華街です。




    高杉 「ひゃっほぅ~!!」


    恵 「これこれ!そんな、はしゃがない!」


    高杉 「えへっ!でも、恵さんもヨダレが、たれてますよ!」


    恵 「えっ?」(慌てて口を腕で擦る)


    美穂 「いつも、すいませ~ん。」


    慎太郎 「はははっ、今日は賑やかでいいのぅ~!」



    そう、今回は、色々と在ったので、おとうさんが気を利かせ、

    高杉君と美穂さんと娘さん、それに幸治夫妻を入れ、計7名、

    いや、8名です。



    メイドさんも来ていますよ。



    エマさんです。



    高杉 「フカヒレ!フカヒレ!」


    恵 「こらこら、叫ばない!!」


    高杉 「だって!フカヒレですよ!フ・カ・ヒ・レ!」


    恵 「私だってこらえてるのよ!」


    美穂 「いつも、すいませ~ん。」


    慎太郎 「はははっ、今日は賑やかでいいのぅ~!」


    メイドさん 「・・・・」




    そんな、こんなで到着です。




    フカヒレ専門店 廣翔記「新館」

    廣翔記です。



    住所 〒231-0023

    神奈川県横浜市中区山下町97
    一石屋ビル1,2F

    営業時間

    ランチ11:00~17:00
    デイナー17:00~22:30(L.O22:00)

    定休日 無休(年末年始も通常通り営業してます。)



    上に参りますと、、


    わくわく。


    くぅ~!




    さぁ~フカヒレ三昧です。



    の、前に!皆さん。


    ???



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/16(月) ご存知ですか?



    フカヒレになるサメの種類をご存知ですか?




    毛鹿鮫(モウカザメ) 別名「ネズミザメ」「カドザメ」


    モウカザメ




    全長は3メートルにもなり、目が丸く、顔つきがネズミに似ている所から

    そう呼ばれてます。

    性格は凶暴で肉食性。肉質は柔らかくコシが無いので、練り製品には向きませんが、

    フカヒレは繊維が太くスープの旨みを十分に吸い込みます。


    繊維同士の結着が弱いのでそうめんのように仕立てます。





    吉切鮫(ヨシキリザメ)  別名「アオブカ」

    ヨシキリザメ


    英名では吉切鮫の方が「ブルーシャーク(青鮫)」と呼ばれています。

    背側が青黒いのでこう呼ばれています。

    全世界の温帯から熱帯の海に棲む全長6メートルにもなる大型のサメです。


    漁獲量はサメ全体の70~80%を占めており、一般に「フカヒレの姿煮」と、

    いわれる料理はこのサメのフカヒレみたいですよ。


    繊維同士の結着が良いために料理にしたときの見栄えが素晴らしく美しいです。




    青鮫(アオザメ) 英名:ショートフィン・マコ・シャーク 

    アオザメ


    「勝ザメ」と呼ぶところもあるみたいですよ。


    サメ類の中で最も早く泳ぐため、その推進力の源である大きく発達した

    尾びれと、付け根の部分の両脇に走る隆起線の盛り上がりに特徴があります。


    漁獲量がサメ全体の5%足らずと、非常に少なく希少性の高いフカヒレです。




    ジンベイザメ  別名「シロザメ」

    ジンベイザメ


    全長は5.5~11メートルにもなります。体重は7~10tで、肉質は良く食用に

    する地域もあります。


    フカヒレは国内産では最高品質といわれていますが、滅多に入手する事は出来ません。




    シュモクザメ  別名「ハンマーシャーク」

    ハンマーシャーク


    全長は4メートルにもなります。シュモクとは「撞木」と書き、鐘などを

    撞く棒状の物で、その形に頭部が似ている事からこう呼ばれます。


    暖かい海域に生息しています。神経質なので人には近づきませんが、人が

    襲われる事もあるようです。


    肉質は良いので練り製品に使われます。フカヒレは良質の魚翅になります。

    魚翅(ユイチー)とは、乾燥させた鱶(ふか)のひれのことです。



    アブラノツメザメ  別名「アブラザメ」

    アブラザメ



    北太平洋に分布するサメで「肝油」を採取します。実はこの「肝油」。日露戦争時

    には、日本軍の戦車の潤滑油になったそうです。


    あまりの極寒で当時の機械油が凍ってしまい、凍結温度の低いこのサメの「肝油」

    が急遽集められたんだそうです。


    肉質は良くて皮を剥いだムキザメや棒ザメとして、主に煮付け用に市販されます。

    フカヒレは小サメヒレとして利用されます。




    全てのサメがフカヒレになるわけではないみたいですよ。




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/17(火) 中華といえば、、、OOOOですよねぇ~むふっ!



    では、では、いただきましょう!!





    フカヒレ姿刺身入り5種前菜

    フカヒレ姿刺身入り5種前菜



    蟹味噌入りフカヒレスープ

    蟹味噌入りフカヒレスープ






    どんどんやって来ますよ!





    これも、あれも、


    あれも、それも、






    そして、おとうさん(美穂の父)がオススメの、、、、




    フカヒレ ステーキ


    フカヒレステーキ




    高杉「うひょほほぅ~い!!」


    恵 「こらこら、お行儀の悪い事しないの!」


    美穂 「いつも、すいませ~ん。」


    慎太郎 「はははっ、今日は賑やかでいいのぅ~!
        
        では、頂くとするか!」


    一同 「いただだきま~す!」



    あれ?私、眠くなって、、



    カクン! 



    寝てしまう恵。



    次の瞬間!!




    恵??「うおお~!これがフカのヒレの料理となぁ~!」



    一同 「えぇ~?!」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/18(水) ガシガシ、ワシワシ、ガシガシ、ワシワシ。



    高杉 「えっ?恵さん、どうしたんですか?いきなりぃ~??」


    恵?? 「おう、脇侍の者よ!そちらの鉄の皿を取ってくれたまえ!」




    フカヒレステーキ



    高杉 「あっ!はぃ~い、、、あのぅ~」




    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!



    恵?? 「うむ、美味であるぞ!これ、脇侍よ!そちらの皿も、ほれ!」




    蟹味噌入りフカヒレスープ



    高杉 「あっ、はぃ~い、、、脇侍って?えっ??」



    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!

    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!

    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!!






    ガシガシ、ワシワシ。



    *画像は関係ございません。イメージですよ。イメ~ジ。






    一同、ア然、、、



    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!

    ムシャムッシャ!ムシャムッシャ!





    恵?? 「ふぅ~美味であった!では、さらばじゃ!!」






    カクン! 





    寝てしまう恵。






    次の瞬間!!





    恵 「あれ?私、、、え??、、、お皿が全部、、カラ??」(びっくり)




    一同 「???」(びっくり)




    高杉 「あのぅ、、、一人で全皿を食べつくした恵さん、、、」(悲しい表情で)




    恵 「えっ??私が!!」




    一同 「はい、、、」(ア然、、、)





    恵 「皆さんにお話が、、、」





    恵は事のてん末を話しました、、、





    高杉 「ふ~ん、そうだったんですか~!」


    恵 「ガーネーシャが、ふかひれを食べてみたいって、いうもので、、、」


    高杉 「しかし、それが代償というか、お詫びなんですよね??」


    恵 「そうなの~!」



    美穂の父 「すまんかったな~長谷川君!君、一人に負わせて、、、
         
         では、仕切り直して。
         
         お~い!また、同じやつを持って来てくれ!!」



    店員さん 「はい。ただいまぁ~!」





    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/19(木) 宴、、、それは魅惑のひと時、、、??



    またまた、フカヒレが運ばれて来ます、、、




    これも、あれも、


    あれも、それも、





    美穂の父 「では、あらためて!いただきますか!」



    一同 「いただきま~す!」




    ガシガシ、ムシャムシャ、、




    高杉 「あれ?恵さん、食べないんですか??」


    恵 「あの、、、」


    美穂の父 「ほれ、遠慮せずに食べなさい!」


    恵 「しかし、、、」



    一同 「???」



    恵 「食べたいけど、お腹が一杯で、食べれないの!!」



    高杉 「そりゃそうですよ!あんだけ食べれば!」




    一同 「あははははっ、、」




    恵 「ふぇ~ん。念願のフカヒレが目の前にあるのにぃ~!!」(半べそ)




    一人、指を咥える恵であった、、、





    そして、数日後の八雲出版では、、、



    チリリリン!チリリリン!



    ちりりりん




    恵 「はい。八雲出版です。」


    ダレ?? 「おう~長谷川君か?」


    恵 「あれ?おとうさん(美穂の)??どうしたの?」


    美穂の父 「うん、、ちょっと、相談したい事があってな!」


    恵 「えっ、何??」


    美穂の父 「電話ではなんだから、ほれ。今度休みにでも、来てくれぬか?」


    恵 「うん。まぁ~いいけど、、」


    美穂の父 「では、頼んだぞ!」


    恵 「はい。では、、」




    電話を切り、考え込む恵。




    恵 「ねぇ~高杉くん!」


    高杉 「はい、どうしたんですか?」


    恵 「今、慎太郎さんから電話があったの。また、例(霊??)の話かなぁ?」


    高杉 「えっ!義父からですか?いえ、僕は何も聞いてないですよ!」


    恵 「なんだろぅ~??」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/20(金) メイドさんがいるお家、、、憧れまする、、、



    そして、休日の三井邸の前では、、、




    三井邸です。




    ピンポン!




    恵 「長谷川ですけど、、」


    メイドさん 「あっ!くいしんぼうの恵さんですね!お待ちしておりました。」


    恵 「コラコラ!では、お邪魔しま~す。」





    部屋に案内され、、、





    ご~じゃすです。




    相変わらず、ゴージャスなお部屋ね!





    慎太郎 「おう~長谷川君!待っておったよ。」


    恵 「あの~どうされたんですかぁ~?」


    慎太郎 「あっ、うん。まぁ~掛けたまえ!」


    恵 「あ、はいぃ、、」


    慎太郎 「おう、そうじゃ!例のヤツを頼む!」


    メイドさん 「はい。ただいま!」


    恵 「例のヤツ??」





    しばらくすると、、、





    メイドさん 「お待ちどうさまです。」




    週末限定のモンブラン





    恵 「うわぁ~!これは、週末限定モンブラン!!」


    慎太郎 「おう、喜んでくれるか?」


    恵 「そりゃ~もちろんですよ~」


    慎太郎 「うん、うん。」


    恵 「では、いただきま~す!」




    もぐもぐ、もぐもぐ。




    恵 「うふっ!ほっぺたが落ちちゃ~う!」


    慎太郎 「うん、うん。でな、食べながらでいいから聞いてくれぬか?」


    恵 「もぐもぐ、はい。もぐもぐ」


    慎太郎 「うん。でな、、あれだ。うん、、その、、、」


    恵 「もぐもぐ、なんですか?もぐもぐ」


    慎太郎 「うん。その、、あの、、、」


    恵 「はい。あっ、もう一個食べちゃおぅ~もぐもぐ」


    慎太郎 「でなぁ、、その、、あの、、」





    12個全部食べ終え、、、、(えっ??)




    恵 「ふぅ~食べた食べた。で、相談ってなんですか?」


    慎太郎 「うん。それがだなぁ、、あの、、その、、」




    ずうっと、こんな感じなので、、、




    恵 「はっきり、しなさい!!」


    慎太郎 「はい。わしと結婚してくれぬか?」




    恵 「えっ?????」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    ■2012/04/21(土) 感動の最終話。涙が止まりません、、、ぐすん。



    慎太郎 「わしも、妻に先立たれ、かれこれ10年になる。それに、
        
        気に入ってしまったのだよ。君の事が!どうかね?!」


    恵 「えっ~あの~その~なんというか~」



    慎太郎 「駄目かね?」



    恵 「駄目というか~なんというか~その~」



    慎太郎 「なぁ~頼む!!」




    恵 「・・・ごめんなさい。」



    慎太郎 「なぁ~そこをなんとか、金には苦労させん。老い先短い人生。
        
        どうか、なんとしても、結婚してくれぬか!」




    恵 「無理です、、、」




    慎太郎 「うっ、う~ぅ、無理か~!」




    恵 「すいません。私、結婚するなら初婚の人とに決めてますので。」




    慎太郎 「では、歳とかは、気にせんのじゃな?」




    恵 「はい。それは、もちろん。あれ?でも、、あれ?」



    慎太郎 「まぁ~よい。仕方がない、諦めよう。(しょぼん)

        ほれ、では、例のヤツを持って来てくれ!」


    メイドさん 「はい、ただいま!」



    恵 「例の??」




    しばらく、すると、、、





    ジャン=ポール・エヴァンのホールのチョコレートケーキ

    ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ





    慎太郎 「今回は、色々、すまなかった。そのお礼じゃ!」


    恵 「うふっ!見てるだけでヨダレが、、、」



    メイドさん 「ぷっ!」(思わず)



    恵 「何よぅ~!」(睨み付ける)



    メイドさん 「いえいえ。くいしんぼうの恵さま。」



    慎太郎 「あははっ、こりやゃ~一本取られたなぁ~」


    恵 「えっ???」



    三人 「あははははっ」




    そして、ニコニコでお土産を持ち帰る恵であった、、、





    おしまい、、、





    ちょっと、待った!!






    今回は後日談がありまして、、、






    三井邸のとある一角では、、、





    聖天さまの祭壇の前で、、、




    慎太郎 「どうか、なにとぞ!長谷川君が私のもとに来てくれますよう、
        
        オン キクリ ギャクウン ソワカ!」



    *この聖天さまの真言はみだりにとなえてはいけないそうです。

     なので、皆様。目で追うだけにして下さいね。





    慎太郎 「どうか、なにとぞ!!」(熱心に)




    聖天さま 「無理じゃ!あきらめよ!!」(きっぱり)




    慎太郎 「えっ??今、何か聞こえたような??」(??)





    そして、3ヶ月後、、、






    慎太郎と恵の仲は一向に進展しませんでしたとさ、、、






    おしまい。






    この物語はフィクションであり、登場する団体・人物・お店などの名称は

    すべて架空のものです。あしからず、、、
       
      
        著(日本一ゆる~い作家)のっぺらぼう むね




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 最終章 | Page Top


    |


    04 2017/05 06
    -
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。