■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/04/10(火) レトロ、れとろ、レトロ、、、何が??



    (ベヘモスは大食漢・三章)




    そして、数日が過ぎた八雲出版では、、、




    高杉 「あの~恵さん!」


    恵 「う~ん。どうしたの?浮かない顔して!」


    高杉 「美穂の、、、」


    恵 「げっ!」


    高杉 「あれ?恵さん??」


    恵 「あっ!うん。どうしたの?」(動揺)


    高杉 「はい、、美穂の、、、」


    恵 「げっ!やっぱり!!」


    高杉 「えっ?やっぱり??」


    恵 「えっ?いや、こっちの話。で?」


    高杉 「はい。それが美穂の、、」




    チリリリン!(レトロな黒電話)








    ちりりりん。




    恵 「はい、八雲出版です!」


    ダレ?! 「あ~もしもし!そちらに長谷川君は居るかね?」


    恵 「あっ、はい。長谷川は私ですけど、、」


    ダレ?! 「おう~わしだ。美穂の父だぁ!」


    恵 「えっ!おとうさん?!」


    美穂の父 「長谷川君。今度の日曜、家(うち)にこんかね。美穂の
         
         お礼もしたいし、それに、例のケーキも用意しておくが、
         
         どうかね?」


    恵 「ケーキ!!むふっ!是非、行かせて頂きます。」


    美穂の父 「おう、そうか!では、場所は健作君の方からでも、聞いて
         
         くれないか?では、日曜、宜しく頼むよ!」


    恵 「はい。では、失礼します。」



    カチャン!(受話器を置く)



    恵 「むふっ!やっと、念願のチョコレートケーキが食べられる。
      
      長い道のりだった、、、うんうん。思えば、、」


    高杉 「あの、、、恵さん!」


    恵 「何よ!今、私は忙しいの!」


    高杉 「お取り込み中、すいませんが、、、」


    恵 「あっ!そうそう、場所を教えてね!」


    高杉 「はい、それは。でも、、あのう、、、」


    恵 「早く、日曜にならないかなぁ~」


    高杉 「いやぁ~あの、、、」


    恵 「むふっ!楽しみ、ふふふふふっ、、」



    何か言たそうな高杉を尻目に、舞い上がる恵でした、、、




    そして、日曜日。三井邸へ向かう恵、、、



    三井邸の塀





    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 三章 | Page Top


    ■2012/04/11(水) 夢?!それとも??




    そして、日曜日。三井邸へ向かう恵。




    三井邸の塀




    恵 「あれ~?この辺だって言ってたんだけど、まだかなぁ~」




    三井邸

    三井邸です。





    恵 「えっ?ここ??て、言うか。なになに、敷地広ぅ~!!」



    インターホンで、



    恵 「あの~長谷川ですけど、、」


    ?? 「はい。受けたまわっております。どうぞ!」


    恵 「えっ?だれ?使用人?メイドさん??」



    カチャ!



    メイドさん 「どうぞ!ご案内致します。」





    エマさんです。


    森薫『エマ』から、、

    *あくまで、イメージですよ。




    でたぁ~!!本物のメイドさんだぁ~!!

    てっ!はじめて、見たよ。メイドさん。いるところには、

    いるもんだ!!(感心する恵)




    メイドさん 「ご主人様、長谷川様が到着されました。」


    美穂の父 「おう~来たか!待っておったよ。」


    恵 「どうも!」



    ゴ~ジャスなお部屋


    ご~じゃすです。





    お~い!ここはお城かぁ~?!(驚きを隠せない恵)



    美穂の父 「まぁ~かけたまえ!」


    恵 「あっ、はい、、」


    美穂の父 「よく、来てくれた。でなぁ~すまんが、会ってもらいたい
        
         人がいるのだが、かまわんかね?」


    恵 「えっ?もしや、男性??」


    美穂の父 「うむ。というか、、、」




    えっ?だれよ!だれ!!もしかして、、、、むふっ!




    美穂の父 「息子夫婦なんだが!」



    ガーン!



    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 三章 | Page Top


    ■2012/04/12(木) 出会い、、、それは、儚くも甘酸っぱい思い出です??




    美穂の父 「息子夫婦なんだが!」



    ガーン!



    恵 「はい。でも、、、なぜ?」


    美穂の父 「うむ。それがだな、、、まぁ~ともかく、会ってみて

         くれないか?」


    恵 「あっ、、、はい、、、」


    メイドさん 「では、こちらに!ご案内致します。」


    恵 「あっ、はい、、」



    で、案内された部屋に入ると、、、



    恵 「げっ!」



    そこには、生の大根をかじる、奥さんと、それを心配そうに

    見守っている旦那さんの姿がありました。



    美穂の父 「2,3日前からこの有様なんだぁ、、、」



    えっ?おとうさん。いつの間に??



    は、さておき、聞くところによると、、、


    高杉君の奥さんの美穂さんは、私が行った後には、過食症も治り、

    いつも通りに戻ったそうです。


    しかし、、美穂さんのお兄さんのお嫁さん、つまり慎太郎さんの

    息子さんのお嫁さんが、こんな有様です、、、とほほほ、、



    美穂の父 「で、長谷川君。また、お願い出来るかね?」

    恵 「えっ?無理です。無理。てっ!いうか!私はケーキを食べに
      
      来ただけですから!!」


    美穂の父 「まぁ~そこをなんとか頼むよ!」


    恵 「え~!でも、、、やっぱり、無理ですぅ~」


    美穂の父 「では、長谷川君はフカヒレは好きかい?」



    恵 「えっ!フカヒレ??」












    ジョ~ズ!!



    *間違えました。



    こちらがフカヒレの姿煮です。



    フカヒレの姿煮です。




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 三章 | Page Top


    ■2012/04/13(金) ふかひれ、、、それは、魅惑のひと時。むふっ!



    美穂の父 「私の知り合いで、横浜の中華街で店をやっている者がおるのだが、
         
         そこで、フカヒレ三昧では、どうかな?味は私が保証するよ!」


    恵 「是非、お供させて下さい!」(げんきんなヤツです)


    美穂の父 「では、決まりだ。後は任せたよ。ほら、幸治(息子の名前)、
         
         お前も出るんだ!後は、この長谷川君に任せておけば大丈夫だ!」


    幸治 「でも、、、」


    美穂の父 「美穂のお祓いも彼女がしてくれたんだ!心配ない。」


    幸治 「しかし、、」



    なんとか、幸治さんをなだめ、奥さんと二人きりになりました。



    しかし、私のしている事はお祓いではない、、、

    タダの、交渉である。



    本当に大丈夫だろうか??



    恵 「あの~!」


    幸治の嫁?? 「なんだ!ボリボリ!」(大根をかじってます)


    恵 「えっ?」


    幸治の嫁?? 「だから、なんなんだ!」


    恵 「幸治の奥さんですよね?!」


    幸治の嫁?? 「だれだ!それは?ボリ!」


    恵 「え~と、、、もしや、、」


    幸治の嫁?? 「そうだ!私だ!!ボリボリ」



    恵 「えぇ~!!」


    そう、この大根をボリボリしている人こそ、以前、美穂さんに

    取り付いた?!張本人のガーネーシャ、、、



    がーねいしゃ




    もとい、「聖天さま」です。




    聖天さま。





    恵 「あの~なんでまた、こちらに??」


    聖天さま 「契約は契約じゃ!」


    恵 「それは、そうですが、、でも、なんで?息子さんの奥さん??」


    聖天さま 「知りたいか?」


    恵 「はい。是非!」


    聖天さま 「よかろう、、、」





    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 三章 | Page Top


    ■2012/04/14(土) なぞが、謎を生む??



    話が長かったので、要訳すると、、、



    災いは、本人(美穂の父)にいけばいいと思うけど、でも、

    本人が一番、堪(こた)えるのは、自分のせいで身近な弱い所に災いが

    もたらせられる事なんだって?!



    恵 「あれ?でも、それだったら、孫(高杉の娘)にいくのでは??」

    聖天さま 「馬鹿者!かりにも、わしは、神と呼ばれるものぞ!!生まれた
         
         ばかりの人の子にちょかいなど、だせるか!!」


    恵 「へぇ~!以外と良心的なんだぁ~」


    聖天さま 「これこれ、茶化すでない。」


    恵 「で、どうしたらいいの?」


    聖天さま  「わしの口から言わせる気か?まぁ~仕方ない、、
         
         そもそも、神と名の付くものたちは、、、、(割愛)」


    恵 「要するに、前みたいに構って欲しい訳ね!」


    聖天さま 「これこれ、わしをペット扱いするでない!」


    恵 「あははっ!これまた失礼!じゃぁ~本人もいるし、直接、話したら?」


    聖天さま 「愚か者!わしが何故?わしを崇め、そして見限った者に、
         
         話をせねばならぬのじゃ!」


    恵 「う~ん。見限ってはいないと思うよ。怠けてる感じ!」


    聖天さま 「そう!そこじゃ!!そこが気に喰わぬ!!」


    恵 「じゃぁ~私が本人によ~く言っとくから、もう~帰ったら?」


    聖天さま 「うむ。そうであるが、、、」


    恵 「まだ、何かあるの?」


    聖天さま 「うむ。折角なので、、」


    恵 「うん。」


    聖天さま 「馳走して、、くれぬか?」


    恵 「え??」


    聖天さま 「だから!その、、、馳走になるということじゃ!」


    恵 「え~と!大根じゃ~駄目なの??」


    聖天さま 「現世にも、ほれ、あるであろう~ふかのひれなるものが!」


    恵 「えっ!聞いてたの??」


    聖天さま 「戯け者!かりにもわしは神と崇められる存在ぞ!」


    恵 「はいはい。で?」


    聖天さま 「うむ。ところで、越後屋。ちこうよれ!」


    恵 「はい!お代官さま。てっ!いつから時代劇風??」




    越後名物 献上お菓子

    おぬしも、わるよのぅ~





    聖天さま 「でな、、、」



    密会中!!



    聖天さま 「なぁ~!よいであろう~?」


    恵 「え~ぇ!まぁ~いいけど!本当にそれで帰ってくれる??」


    聖天さま 「もちろんじゃ!」


    恵 「うん、わかった!」


    聖天さま 「では、のちほど!」




    ガクン!(幸治の嫁??)



    あれ?寝ちゃった!!



    恵 「あの~!奥さん?!」



    体を揺らし、起こしてみる恵、、、




    幸治の嫁 「あれ?わたし、、、」


    恵 「ふぅ~!良かった、気が付いた~!」




    そして、私は他の部屋で待つ二人+奥さん+メイドさんに、事の

    てん末を話し、おとうさん(張本人)には、きつき言い聞かせました。




    そして、いよいよ、念願の、、、




    ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ



    恵 「ああ~!夢にまで見たチョコレートケーキが今、やっと、
      
      私の目の前にある~!」


    美穂の父 「長谷川君、良くやってくれた!好きなだけ食べてくれ!」


    恵 「はい。あるだけ全部食べます!」


    美穂の父 「おいおい、お腹壊さないでくれよ!」


    恵 「えへっ!」


    一同 「あはははっ、、」




    最終章に続く、、、




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 三章 | Page Top


    |


    10 2017/11 12
    -
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。