■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/03/29(木) いよいよ、はじまりました!待望の最新作!!



        ベヘモスは大食漢




    八雲出版 PM:07:37



    恵 「ふぅ~!終わったぁ~さぁ~てと、帰ろぅ~っと!」


    高杉 「あのぅ~恵さん。」


    恵 「う~ん。何ぃ~?」


    高杉 「あのぅ、、、」


    恵 「だから、何よ!」


    高杉 「ご相談したい事が、、、」


    恵 「相談??」


    高杉 「はい、、、」


    恵 「で、何?」


    高杉 「ここでは、ちょっと、、、」


    恵 「じゃぁ~あんたの奢りよ!」


    高杉 「はい。いつもところで、いいですよね?」


    恵 「まぁ~仕方がない。では、行きますかぁ~!」(にっこり)




    と、向かった先は、八雲出版からほど近くにある居酒屋さんです。



    居酒屋さん




    高杉 「二人ですけどぅ~」


    店員さん 「あっ、いらっしゃいませぇ~!そちらのカウンターの席へ

         どうぞぅ~!」


    恵 「やっぱ、週末は混んでるねぇ~」



    席につき、、、



    恵 「生でいいよね。」


    高杉 「あっ、はい、、」


    恵 「すいませぇ~ん。生、二つで~!」


    店員さん 「は~い。ただいまぁ~!」



    そして、到着ぅ~!



    恵 「では、とりあえず。」


    二人 「かんぱ~い!」



    かんぱ~い!!




    恵 「元気ないわねぇ~どうしたの?」


    高杉 「あの~相談が、、、」


    恵 「あっ!つまみ、つまみ!!」




    メニューと、にらめっこする恵。




    高杉 「あの~恵さん、、、ご相談が、、、」


    恵 「よし。決まった!すいませ~ん!」


    店員さん 「はい。ただいま!」



    メニューを見ながら、、、



    恵 「軟骨の唐揚げ、豆腐サラダとほっけの開きに、、、、
      
      う~ん。そうそう、あと馬刺しも。」


    店員さん 「はい。かしこまりました。」


    恵 「高杉君はいいの?」


    高杉 「では、漬物の盛り合わせで。」


    店員さん 「はい。漬物の盛り合わせですね。」



    そして、、、



    恵 「では、改めまして。」


    二人 「かんぱ~い!」



    かんぱ~い!!



    乾杯好きな恵。



    恵 「ホント、元気ないわねぇ~!どうしたの??ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「くぴっ。あの~相談が、、、」




    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    ■2012/03/30(金) 相談??また、あの話、、、



    恵 「あっ、そうそう。相談ね、相談。ぐびっ、ぐびっ」




    そう。今、私に相談を持ちかけているこの男。皆さんもご存知の、

    彼の名は高杉健作。26歳。OB型のうお座で既婚者(子持ち)。

    我が社の専属のカメラマンである。



    恵 「うん、うん。相談って?ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「はい、、、実は、、、嫁の事で、、、」


    恵 「えっ!別れるの?ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「いえ、そうじゃなくて、、、」


    恵 「じゃぁ~何よぅ~はっきりしなさい。ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「あっ、、はい、、、編集長に聞いたんですが、、、、」


    恵 「ぐびっ、ぐびっ。えっ!もしや、、、ぐびっ」


    高杉 「はい。」


    恵 「また、例(霊)の話ぃ~?ぐびっ、ぐびっ」



    そう。私には人に見えないものが見えてしまう。



    高杉 「くぴっ。はい、そうです。いや?!ちょっと違うかも、、」


    恵 「はぁ~なぜに私の周りではこんなにも、不思議な出来事が毎回、
      
      起こるのであろうか。いうなれば、ぐびっ、ぐびっ、私は、そういう
      
      星の下に生まれたということなのだろうか、、、」(ぶつぶつ)


    高杉 「あの~恵さん??」


    恵 「あっ!ごめん、ごめん。ついつい、で?」


    高杉 「あっ、はい。恵さんは悪魔退治したんですよね?」


    恵 「ぐびっ、ぐびっ。悪魔??ぐびっ、ぐびっ」




    ウコパク





    高杉 「はい。この前、ここ(居酒屋)で呑んでいる時に聞きました。」


    恵 「あの、おしゃべりタヌキがぁ~!ぐびっ、ぐびっ」




    八雲出版では、、、そう、お決まりの。




    編集長 「へっぷしょん。こんちくしょうめ。あれ?だれか噂してるのか?」




    話を戻しますね。



    恵 「で。相談ってなによぅ~ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「はい。嫁の美穂の事で、、、、くぴっ」


    恵 「美穂さん??」




    美穂さん??




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    ■2012/03/31(土) あんたの知らない世界??



    高杉 「はい。あいつ、最近おかしんですよ。くぴっ、くぴっ」


    恵 「何がぁ~ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「よく、食べるんです。くぴっ」


    恵 「???ぐびっ」


    高杉 「あっ!いえ、あのぅ~食べ過ぎというかぁ、、、」


    恵 「???ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「いえ、違うんです。呆れるほど食べるんですよ!」


    恵 「ぐびっ、ぐびっ。呆れるほどねぇ~ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「いえ、そうじゃなくて!異常なほどです。」


    恵 「過食症では?ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「いえ。病院に行きましたが、、、」


    恵 「お医者さんはなんと?ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「過食症、、、」


    恵 「ほらぁ~!ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「でも、違うんです。これは呪いなんです!」



    恵 「ぐびっ!呪い?!」









    呪い??





    高杉 「はい。これは、三井家(美穂の旧姓)の呪いです。」


    恵 「あの~もしもし。」


    高杉 「そうです。呪いです。絶対そうに決まってます。それしか、
       
       考えられません。絶対にそうなんです。」


    恵 「ぐびっ、ぐびっ。で、根拠は?ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「それが、、、」


    恵 「???ぐびっ、ぐびっ」


    高杉 「実は、、、」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    ■2012/04/01(日) こりゃまた、、、、不思議、発見??



    話が長くなるので、要訳すると、、、



    高杉君のお嫁さん(美穂)は御曹司の娘さんらしく、結婚する時はかなり

    揉めたみたい。駆け落ち同然で籍を入れ、結婚式もこじんまりとやったみたいね。


    しかし、子供が生まれたら、事態は急変。やはり、孫は可愛いみたいで、

    一番反対していたお父さん(美穂の父)は、孫を溺愛。ことあるたびに、

    孫の顔を観に来る始末。まぁ~よくある話よね。




    高杉 「恵さん。聖天(しょうてん)って知ってます?」


    恵 「ああ~、ガーネイシャね。ぐびっ、ぐびっ」




    聖天さま。

    聖天さま。



    聖天(しょうでん、しょうてん)または、大聖歓喜天、大聖歓喜大自在天、大聖歓喜

    双身天王、象鼻天(ぞうびてん)、天尊(てんそん)。


    あるいはインド語のVinayaka、Ganapati(ビナヤカ ガナパティ)に漢字で当て字をし

    音写して、毘那夜迦(びなやか)、誐那缽底(がなぱてい)とも、いうそうです。


    仏教の守護神の一つです。



    象頭人身(頭が象で体が人間)の単身像と立像で抱き合って抱擁している象頭人身の

    双身像の2つの姿の形像が多いのですが、稀に人頭人身の形像も見られます。



    聖天様は人を選ぶといわれ、非道な人間には縁を結ばないし、勤行を「一生怠っては

    いけない」とも、いわれています。



    また、いい加減な供養をするとかえって「災いがある」とか、「子孫七代の福をも

    吸い上げる」などと、いわれておりますよ。



    聖天さまには供物として、歓喜団・歓喜丸と共に、大好物の「酒・大根」が一緒に

    供えられるそうですよ。



    ガーネイシャ

    がーねいしゃ




    ガネーシャ・ガーネイシャは、ヒンドゥー教の神の一柱です。その名は

    サンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味するそうです。



    太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもち、

    障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、商業の神・学問の神とされています。
     

    ヒンドゥー教の体系の中では、シヴァとパールヴァティーの間に生まれた

    長男とされています。


    ガーネイシャ



    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    ■2012/04/02(月) 「七つの大罪」???



    ベヘモス・ベヒモス(behemoth)は、旧約聖書に登場する陸の怪物(怪獣)です。


    語源は一説に「動物」と言う意味のヘブライ語 behamah の複数形からきている

    そうです。「悪魔」として見られることもあるそうです。


    読みの違いから、「ベヒーモス」「ベヘモト」「ビヒーモス(ビヒモス)」

    「ベエマス」「バハムート」など、多様に表記されています。



    べへもす。



    旧約聖書の内容から転じて、暴飲暴食を司り、ひいては貪欲を象徴しており、

    対のリヴァイアサンが七つの大罪における「嫉妬」の対応の悪魔であるため、

    ベへモスが七つの大罪における「暴食」あるいは「強欲」に対応しているかの

    ように説明されることがありますが、これは誤りだそうです。


    (「暴食」はベルゼブブ、「強欲」はマモン)。


    ベへモスは七つの大罪とは関係が無いそうです。



    イスラム教では「バハムート」として知られ、本来は同一の存在ですが、

    独自の発展を遂げているそうですよ。




    恵 「それで?」


    高杉 「はい。お義父さん、、、いや、美穂の父が、原因というか、、」


    恵 「なぜ??」


    高杉 「あの、、、お義父さんが、いや、美穂の父が信仰していまして。」


    恵 「ねぇ~お義父さんでいいよ。それで?」


    高杉 「はい。お義父さんは、孫の美久(みく)、あっ!いや、僕の娘を

       溺愛するばかりに、今まで祀っていた聖天を蔑(ないがし)ろにした

       ことで、美穂に災いが振りかかっている、と思っているんですけど、、、」


    恵 「三井家の人達は、みんなガーネイシャを信仰してるの?」


    高杉 「いえ。お義兄さんがいますが、あっ!今は社長です。そして、
       
       お義父さんが会長です。お義兄さんの所は子供がまだでして、

       そのせいもあってか、、、」


    恵 「あれ?美穂さんのお母さんは?」


    高杉 「あっ!あの、、、10年前に亡くなってます。」


    恵 「あのさぁ~聖天ってちゃんと祀らないと災いがおこるらしいよ。
      
      だから、信仰している人は他の仏さまを、聖天に見立てて、
      
      信仰してるみたいよ。」


    高杉 「そんなに、大変なんですか?」


    恵 「うん。私も聞いた話だけどね。」


    高杉 「どうすればいいですか??」


    恵 「ぐびっ!えっ?私に聞かないでよぅ~!」


    高杉 「どうか、美穂を助けて下さい!」


    恵 「えっ!無理。だってそういうのは本職の人に頼みなさいよ~!」


    高杉 「しかし、、頼れるのは恵さんしかいないんですよ!」


    恵 「そんな事言われても~」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    ■2012/04/03(火) 人には、欲と言う魔物が住んでおります、、、たぶん??



    高杉 「どうか、編集長の時みたいにお願いします。」


    恵 「あの時は、たまたま、向こうが勝手に帰って?!出ていった
      
      だけで、私は、大した事してないし、、、」


    高杉 「それでも、どうか、お願いします!」


    恵 「う~ん。まぁ~美穂さんに会うぐらいなら、いいけど、、、」


    高杉 「はい。是非!では、今度の休みの日にでも、お願いします!」


    恵 「えっ~!今度の休みは家でゆっくりしたい~!!」


    高杉 「そこをなんとかお願いします。」


    恵 「えっ~!でもぅ~!」


    高杉 「では、ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキでは?」


    恵 「何、何?!私を食べ物で釣ろうって訳??」


    高杉 「では、チョコレートケーキ、プラス、週末限定のモンブランも
       
       付けますよ!」


    恵 「乗った!うん。行く、行きます。行かせて頂きます!」


    高杉 「では、今度の休みにお願いしますね。」


    恵 「うん。了解!」


    高杉 「では、嫁と娘が心配なので先に帰りますね。あっ!恵さんは、
       
       どうぞ、そのままで!お勘定は置いておきますよ。では、今度の
       
       休みにお願いしますね!」



    慌ただしく帰って行く高杉、、、




    恵 「うふっ!ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ!!
      
      そう、忘れもしない。銀座の三越2階で食べたあの、、、、
      
      チョコレートケーキ、、、うふっ!」




    ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ

    ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ




    恵の回想がはじまったので、、、、割愛。



    回想とは、、、かつて経験したことを思いめぐらすこと。 過去のことを

           ふりかえって思いおこすこと。




    恵 「そう、そして、週末限定のモンブランよ!あぁ~食べてみたい!

      早く、食べたい。モンブラン。うふっ!」




    週末限定のモンブラン

    週末限定のモンブラン



    中はこんな感じです。




    一人、芋焼酎を呑みながら、、、回想にふける恵であった。


    一人、馬刺しをつまみながら、、、回想にふける恵であった。



    *皆さんは、どちらが良いと思いますか?(むね)



    「どっちも、却下!」(読者の声)


    「でへっ!」(むね)




    そんな、こんなで、夜は更けて行くのでありました、、、




    二章へ続く、、、)



    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | ベヘモスは大食漢 一章 | Page Top


    |


    03 2017/04 05
    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。