■Profile

むね
  • むね
  • 恵と高杉の珍道中!いやはや今度はいかなる騒動を巻き起こすやら、、、とほほ、、。毎日更新しております!宜しく、ご贔屓のこと、お願い立て、たあつりあげまする。、、、あれ?
  • RSS
  • 名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    ■Link

  • 小説ブログ「DOOR」
  • 本読んで寝る
  • デュエルマスターズ研究室
  • ら**家の南国生活
  • Fancy Pool  - 小さなときめきを集めて大きな海にしよう -
  • 魔女猫のふみゃ~にゃん日々にゃん☆
  • うちのももんが
  • 黒田裕樹の歴史講座
  • ギャルポメ達のつれづれ日記
  • おやじ猫の南風的極楽生活
  • だぶはちの宝来文庫
  • 生野菜は成長する
  • ma-とのりちゃんと神様
  • 気まぐれ☆ハッちゃん
  • Gからはじまるグアム
  • 北の大地で思いのままに
  • からくり童子 風のジード
  • ロウの人生寄り道より
  • ちっちゃな怪獣ちゃん♪
  • 銀羽メタル
  • ~『けんたろう』のマイブログ~
  • 道しるべ
  • Bitter & Sweet
  • むらいむらいとです。


  • ゾウと天狗!! 化け狸?! 葛飾北斎 「富士と龍」

    ■--/--/--(--) スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-) | スポンサー広告 | Page Top


    ■2012/03/18(日) むかえた朝、、、二人の間には、、、



    そして、朝の朝食会場では、、、



    恵 「おはようございます。」


    掛川 「おはようございます。良く眠れましたか?」


    恵 「はい。昨日はごちそう様でした。楽しかったです。」


    掛川 「いえ、いえ。喜んで頂けて、こちらこそ。」



    朝食で~す。




    掛川 「では、僕も取りに行って、こよっ!」




    そうなんです。朝食は、昨日の夕食会場と同じ場所でバイキングです。




    たべほう~だい。




    いただきまぁ~す。




    秋穂 「おはようございます。」


    掛川 「おはよう!」


    恵 「おはよう、、、」




    来た!この女狐め!!

    妻子ありの男をたぶかし、よくもまぁ~

    いけしゃあしゃあ~と、、、




    秋穂 「わたしも、取ってこよっと!」




    秋穂が席に付き、、、




    朝食で~す。




    掛川 「ところで、加藤君。昨日は、高杉君と随分と盛り上がってた見たいだけど?
       
       もぐもぐ」




    えっ?!

    いきなり、確信??

    やるわね!

    掛川さん!!



    秋穂 「ごくっ!(オレンジジュースを飲みほし)そうなんですよ!
       
       聞いてくれます?」




    え??


    朝からそんな、、、


    えっ??


    え~~~~~!!



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/19(月) 真実は時に残酷なまでに狂おしく、、、




    秋穂 「実は昨日、あの後、行ったお店でたまたまですよ!たまたま!!
       
       高校の同級生にあった?いえ、働いてた?んですよぅ~」



    あれ?



    雲行きが、、、




    パブ「オールディーズ」


    ここで出会った?!




    掛川 「へぇ~それで?」


    秋穂 「はい。なんかぁ~学生の時とは雰囲気が変わっててぇ~!」


    掛川 「うん。あるよね、そういうの!」


    秋穂 「はい。それでもう~盛り上がっちゃてぇ~!」


    掛川 「あれ?高杉君は?」


    秋穂 「ああ~途中で消えちゃいましたよ!よっぱらちゃったのかなぁ~?」




    ぷっ!


    なに?!この展開!!


    じゃぁ~アイツは、、、



    ぎゃははははっ!!!!




    秋穂 「それで、その人と付き会う事になったんですよぅ~!」


    掛川 「へぇ~良かったじゃん!」


    秋穂 「はい。えへっ!」




    高杉、登場!!




    高杉 「おはようございます、、、、」(元気がない)


    掛川 「おはよう!」


    秋穂 「おはようございます。」


    恵 「おはよう、、、ぷっ!」(思わず)


    高杉 「なんですか、、、恵さん、、、」(虚ろな目で)


    恵 「いえ、いえ。なかなか、世の中。思い道理にはいかないなぁ~と
      
      思ってね!ぷっ!」


    高杉 「えっ!もしや、、、」


    恵 「うん。聞いちゃった!ぷぷっ!」


    高杉 「が~ん!」(落ち込む)


    恵 「あはははっ。さぁ~て、今日も元気に取材に行きますかぁ~!」


    高杉 「あい、あい、、さぁ~!」(ロー・テンション)


    秋穂と掛川 「???」(顔を見合わせる)




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/20(火) さぁ~!気を取りなおしてぇ~参りましょう!!




    では、出発で~す。



    朝の第一滝本館




    そうそう、この人?!たちは、、、



    湯鬼神(ゆきじん)


    湯鬼神(ゆきじん)



    鬼のこん棒



    いさましや~!




    地獄谷の守り神・湯鬼神(ゆきじん)たちが、人々の厄を持ち去るために


    花火を打ち上げる「鬼花火伝説」の主役達です。






    地獄谷


    地獄谷



    そして、こんなのも有りますよ、、、



    湯かけ鬼蔵


    湯かけ鬼蔵




    「湯かけ鬼蔵は天下の霊泉登別の湯の薬湯により病を追い払う願いをこめて安置

    せしものなり。 願わくは湯かけの善男善女の諸願ここに成就せられんことを。」





    そして、こんなのも、、、




    地ビール「鬼伝説」


    鬼伝説





    そして、車中では、、、


    高杉 「恵さん。地図を見てたら、こんなものが、、、」


    恵 「何々、、、あぁ~これは、、」


    高杉 「ですよねぇ~?」


    恵 「残念~!それは、大平山!キミが言いたいのは、太平山でしょう?」


    高杉 「えっ?」


    恵 「ほら~!ここに点が無いでしょう!」


    高杉 「あれ?!本当だ!!」


    恵 「でも、全国に大平山って名が付く所、一杯あるよね!」


    高杉 「そうなんですか??」


    恵 「うん。」



    皆さんの町にもありませんか?




    高杉 「思い出しますねぇ~」


    恵 「うふっ!今となっては、いい思い出よ!」


    高杉 「結末は、アレでしたけど、、、ぷぷっ!」


    恵 「何よぅ~!」




    気になった方は「ダイダラボッチの子守唄」をどうぞ!



    ちなみに、、、




    平岸天満宮(太平山三吉神社)


    平岸天満宮



    平岸天満宮(太平山三吉神社)は北海道札幌市豊平区平岸の天神山緑地に

    鎮座する神社です。


    そう、あの三吉霊神が、祀られていることから「太平山三吉神社」と、そして、

    菅原道真公が祀られていることから「平岸天満宮」二つの名前で、呼ばれています。



    ちなみに、今回は「ディープな道南、なまら旨いしょ!!」

    と、いうことで、

    札幌市は道央になりますので、、、


    また、次の機会に!!(にこっ!)




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/21(水) 紹介が遅れましたが、、、



    そう、紹介が遅れましたが、



    掛川耕太、32歳、独身。(むふっ!)OB型。

    今回の企画の立案者です。

    お酒好きなのは、玉に瑕(玉は宝石の意味ですよ)ですが、

    *呑んべぇ~の、お前が言うな!(読者の声)

    なかなか楽しい方ですよ。ふふっ!





    秋穂 「う~ん。もう~つきますかぁ~!」


    掛川 「こらこら、助手席で居眠りとは、大そうなご身分だ!」


    秋穂 「えへっ!」




    そう、この人騒がせな、、、




    近藤秋穂。23歳。独身。でも、昨日、彼氏が出来たみたいね。

    昨日はあんなに、高杉君になついていたのに、、、

    やれやれ、、、ちなみにBB型です。



    高杉 「着きましたかぁ~!」



    高杉健作。26歳、、、、割愛。



    恵 「では、参りましょう~!」


    高杉 「??」




    函館市縄文文化交流センター

    函館市 縄文文化交流センター



    2011年10月1日に函館市南茅部にオープン。何と言っても見どころは、

    北海道初国宝「中空土偶」の常設展示です。


    その他、南茅部縄文遺跡群を中心に函館市の縄文遺跡から出土した

    土器や石器などを数多く展示していますよ。




    高杉 「恵さん。目が輝いてますね。」


    恵 「そりゃそうよ!あの、あの、茅空ちゃんに会えるのよ!」


    高杉 「カックウちゃん??」


    恵 「知らないの?縄文マニアのアイドル?!茅空ちゃんを?」


    高杉 「知りません。って!言うか!知らなくていいです!」


    恵 「何々、ちょっと。それはないんじゃない。」

    高杉 「・・・・すいません。」


    恵 「まぁ~!元気出して行こうよ。フラれちゃたけどね!ウッシシ!」


    高杉 「はぁ~!」


    恵 「ダメよ!溜め息なんかついちゃ!前も言ったでしょう。

      溜め息をつくと、運気が逃げていくわよ!」




    高杉 「ぎゃあああ~!!」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/22(木) 悲鳴をあげる高杉、、、



    恵 「えっ?何よ!なんなのよ~!!」


    高杉 「今、変なものが、転がって行きました!!」


    恵 「えっ?何処よぅ~!」


    高杉 「あれ?いない。でも、本当に見たんですよ!!」


    恵 「え~えぇ~!本当にぃ~??」


    掛川 「どうしたんですか?」


    高杉 「今、毛玉??見たいな物が転がって行ったんですよ!!」


    掛川 「あ~!それは、ニタッラサンペだよ!」


    高杉 「えっ?にった、、、なんですとぅ~!」




    そう、高杉君が見たのは、


    ニタッラサンペまたは、ニッタラサンペはアイヌに伝わる妖怪です。


    姿はマリモのような球形で、翼が生えており色は茶褐色で、

    全長は約20cmまたは2mとも、いわれています。


    地面を転がって走り、「その様子を見た者は運勢が悪くなる」と言われています。


    アイヌ語で「湿地の苔の心臓」の意味だそうです。




    恵 「あははっ、アンタもついてないわね!」


    高杉 「笑い事じゃないですよぅ~!」


    恵 「だってぇ~!昨日といい、今といい、、、うぷっ!」


    秋穂 「あれ?どうしたんですかぁ~?」


    恵 「それがねぇ~!」


    高杉 「何でもないです!早く入りましょう!」


    恵 「うぷっ!」(吹き出す)




    急ぎ足で館内に入る高杉、、、




    秋穂と掛川 「???」(顔を見合わせる)




    そして、館内では、、、



    縄文文化交流センター 館内


    土器





    高杉 「恵さん。縄文時代の物は躍動感がありますねぇ~」




    縄文の土器


    縄文マニア??



    恵 「わかる?!そうなのよ。だから、私は大学時代に花のキャンパスライフを

      なげうって、、、」(割愛、、、)


    高杉 「あれ?もしかして??」



    恵 「いたぁ~!!」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/23(金) 縄文、、、それは恵のルーツ?!


    国宝の中空土偶

    茅空ちゃん



    高さ41.5cm、幅20.1cm、重さ1745g。


    昭和50年、旧南茅部町で農作業中に偶然発見されました。

    出土した南茅部の「茅」と、中空土偶の「空」をとって

    「茅空(かっくう)」という愛称がつけられました。



    その穏やかな表情、美しいボディライン、精巧な幾何学模様などから、

    「北の縄文ビーナス」とも、呼ばれていますよ。


    ちなみに、中空土偶(ちゅうくうどぐう)とは、中が空洞になっている

    土偶のことをいいますよ。




    掛川 「ここでは、体験コーナーがあるみたいですよ。」


    秋穂 「私、してみたい!」


    恵 「いいですね。行きましょう!」


    高杉 「・・・」




    相変わらず、元気のない高杉君は、ほっといて、、、



    ここでは5種類の体験を、毎日の時間割にしたがって体験することができます。

    申し込みは、材料費を添えて館内受付で行います。


    今回、私達が挑戦したのは、「縄文ペンダント作り」です。


    ごしごし、ごしごし



    まずは柔らかい石に鉛筆で作りたい形を描いたら、あとはひたすらヤスリで

    削っていきます。

    だいたいの形が出来たら、サンドペーパーで表面を磨いていきます。



    完成~!



    最後に水につけて、耐水ペーパーで表面をさらに磨き、ツルツルになったら

    出来上がりです。

    石に紐を通して、縄文ペンダントの完成です。



    恵 「あれ?秋穂ちゃん。お揃いが二つ?」


    秋穂 「えへっ!」


    恵 「あぁ~なるほどね!」


    高杉 「・・・」


    掛川 「では、次に参りますか?」


    恵 「あっ!ちょっと待ってて下さいね!」




    恵、急いでお土産を買い込む、、、




    「土偶っキー〈どぐっきー〉」

    縄文クッッキー




    他、色々と買い込み、、、



    恵 「すいません。お待たせして!」


    高杉 「凄い量ですね!」


    恵 「縄文マニアとしては、ここは買いでしょ!」


    高杉 「はいはい。ところで掛川さん次は何処へ?」


    掛川 「お待ちかねの、、、内緒!」


    高杉 「えっ~!!」


    掛川 「では、あらためて、参りますか?」


    一同 「あいあいさぁ~!!」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(2) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    ■2012/03/24(土) なまらうまい。



    そして、私達は車に乗り込み、向かった先は、亀田郡七飯町ある、、、




    昆布館

    昆布館です。




    北海道・昆布館は映画館・博物館・工場見学・売店と4部構成になっております。


    博物館には正式な学芸員がおり、昆布の生態・効能・科学・健康などをテーマに

    解説しています。



    昆布館いろいろ




    館内の工場



    工場は主にとろろ昆布・オボロ昆布を製造しており、その行程が見学できます。



    掛川 「高杉君に是非、食べて欲しい物が、、、」


    高杉 「えっ?僕に??」


    掛川 「じゃん!!」


    高杉 「これは??」




    昆布ソフトクリーム

    昆布のソフトクリ~ム




    高杉 「うぉ~!!昆布ですかぁ~!」


    掛川 「食べて見て!」


    高杉 「では、、、」


    恵 「どう?」


    秋穂 「どうですか??」


    高杉 「旨い!昆布の旨味がミルクと合う!」


    掛川 「でしょう!!」


    恵と秋穂 「本当にぃ~??」(顔を見合わせる)



    高杉君いわく、近くに来たら絶対に食べるべきとのこと。

    ハマっちゃう味だそうです。

    営業時間:午前9時~午後5時

    休館日:12月31日~1月1日

    北海道亀田郡七飯町字峠下32‐1



    掛川 「では、次に参りましょう!」


    高杉 「掛川さん。お腹がペコペコです。」


    秋穂 「私もぅ~!」


    恵 「はい。」


    掛川 「うふふっ!お待ちかねの、、、昼食です。」


    高杉 「いやっほぅ~!」


    恵 「何を食べるんですか?」


    掛川 「海の幸を頂ますよ!では、参りましょう!」


    一同 「あいあいさぁ~!!」




    人気ブログランキングへ
    06:33 | トラックバック:(0) | コメント:(4) | コロポックルの晩餐会 後編 | Page Top


    | 次のページ>>


    08 2017/09 10
    -
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    ■Recent Entries

  • さらばじゃ!!(04/06)
  • ぎんぎらぎんに、、、(03/30)
  • たわさん、しつれん、、、(03/23)
  • たわの、らぶそでぃ~の巻!!(03/16)
  • がさごそ、、、と、、、(03/09)


  • ■Recent Comments

  • Nyakke(11/24)
  • むね(11/23)
  • むね(11/18)
  • クロム(11/13)
  • むね(09/05)
  • seitaiplusone(09/05)
  • むね(08/30)


  • ■Recent Trackbacks



    ■Category

  • * 掲載の写真について * (1)
  • ダイダラボッチの子守唄 一章 (7)
  • ダイダラボッチの子守唄 二章 (5)
  • ダイダラボッチの子守唄 三章 (7)
  • ダイダラボッチの、、、 最終章 (3)
  • ダイダラボッチの、、、あらすじ (2)
  • 狐火のレクイエム 一章 (7)
  • 狐火のレクイエム 二章 (11)
  • 狐火のレクイエム 最終章 (7)
  • 狐火のレクイエム あらすじ (1)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 前編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢(ムジナ) 後編 (7)
  • 怜悧狡猾な狢 あらすじ (1)
  • がちゃま!! 一章 (9)
  • がちゃま!! 二章 (11)
  • がちゃま!! 最終章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 一章 (10)
  • ベル=ペオルの憂鬱 二章 (7)
  • ベル=ペオルの憂鬱 最終章 (6)
  • コロポックルの晩餐会 前編 (12)
  • コロポックルの晩餐会 後編 (11)
  • ベヘモスは大食漢 一章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 二章 (6)
  • ベヘモスは大食漢 三章 (5)
  • ベヘモスは大食漢 最終章 (7)
  • 富士の裾野の尼天狗 一章 (10)
  • 富士の裾野の尼天狗 二章 (9)
  • 富士の裾野の尼天狗 最終章 (12)
  • 七転八起のキジムナー 一章 (13)
  • 七転八起のキジムナー 二章 (15)
  • 七転八起のキジムナー最終章 (10)
  • ケセパセ・ランラン 一章 (12)
  • ケセパセ・ランラン 二章 (13)
  • ケセパセ・ランラン 三章 (11)
  • ケセパセ・ランラン 最終章 (12)
  • あわのあわわであわわのわ 前編 (16)
  • あわのあわわであわわのわ 後編 (16)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 前編 (13)
  • 駝上の貴婦人 グレモリー 後編 (9)
  • 愛染明王恋心 前編 (8)
  • 愛染明王恋心 後編 (13)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 前編 (9)
  • 続・ダイダラボッチの子守唄 後編 (5)
  • リリスの媚薬(びやく) 前編 (8)
  • リリスの媚薬(びやく) 後編 (6)
  • 精霊の森のポロン 前編 (6)
  • 精霊の森のポロン 後編 (5)
  • ご~ご~!健作くん。 (9)
  • ヘヘヤヘヤヘヤ・パウルヒックマナ (16)
  • 獺(かわうそ)百合(ゆり)ちゃん。 (11)
  • ぎんぎらぎんに、とちぎんぎん。 (13)
  • 怪談をお一つ。 (2)
  • いきさつ (1)
  • 伝えたいイメージ (1)
  • 今後の抱負 (1)
  • 今、感じてる事。 (3)
  • テーマ (2)
  • むねの日常 (2)
  • 酔いどれ天使 (12)
  • おめでとう! (1)
  • 観光案内小説?! (1)
  • うみんちゅ むね (2)
  • 衝撃的です。はい。 (1)
  • めざせ!日本一のゆる~い作家 (1)
  • 未分類 (1)


  • ■Archives

  • 2014-04- (1)
  • 2014-03- (5)
  • 2014-02- (4)
  • 2014-01- (4)
  • 2013-12- (6)
  • 2013-11- (4)
  • 2013-10- (4)
  • 2013-09- (5)
  • 2013-08- (4)
  • 2013-07- (4)
  • 2013-06- (5)
  • 2013-05- (3)
  • 2013-04- (4)
  • 2013-03- (5)
  • 2013-02- (4)
  • 2013-01- (5)
  • 2012-12- (4)
  • 2012-11- (17)
  • 2012-10- (31)
  • 2012-09- (30)
  • 2012-08- (33)
  • 2012-07- (31)
  • 2012-06- (31)
  • 2012-05- (33)
  • 2012-04- (31)
  • 2012-03- (32)
  • 2012-02- (30)
  • 2012-01- (35)
  • 2011-12- (38)
  • 2011-11- (34)


  • のっぺらぼう~ だいだらぼっち 狐火 狢(むじな)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。